上野 房子

ダンス評論家。

国際基督教大学教養学部卒業、ニューヨーク大学ダンス学部修士課程修了。

アメリカン・ダンス、殊に振付家ジョージ・バランシンとニユーヨーク・シテイ・バレエの研究をライフワークとしている。
バランシンと日本初のバレエ教師で現代舞踊のパイオニアが薫陶を受けたG. V. ローシーの繋がりを解明し、「浅草オペラ 舞台芸術と娯楽の近代」(森話社)に小文を寄せる。 訳書に「バランシン・テクニック」「インサイド・バレエテクニック」(共に大修館書店)。

ウェブサイト「note」にて、バランシンにまつわるエッセイおよび舞踊家の田中いづみ氏のロングインタビューを執筆中。

日本芸術文化振興会舞踊専門委員、ニムラ舞踊賞選考委員等をつとめる。 共同通信ダンス公演評担当。明治大学講師。